セーム・シュルトvsマーク・ハント(2008年4月13日)

2016/08/03 23:35
2008年4月13日 セーム・シュルトvsマーク・ハント 試合が始まる前、かすかにハントに期待していたのを覚えている。 基本的には難しいと思いつつも「もしかしたら」そんな感覚は確かに存在していた。 そう思わせるだけのものをハントはみせてきたのだと思うと、ハントが残した印象は実際に凄い。 しかし、試合の方は完全にワンサイド。 シュルトの難攻不落さを絶望的にまで印象づけた。 マーク・ハント VS セーム・シュルト   ..

続きを読む

セーム・シュルトvsレイ・セフォー(2007年3月4日)

2016/08/03 22:51
2007年3月4日 セーム・シュルトvsレイ・セフォー 両選手が相対して、まず目につくのは、同一階級とは思えない身長差である。 K-1ファイター屈指の高身長であるシュルトと、身長が低い部類になるセフォーが相対すると、本当にパンチが届くのであろうかと思わされた。 その身長差もあってか、繰り出し続けるキックが、前蹴りなのかミドルキックなのかハイキックなのか、よく分からない。 とにかくセフォーの腰から上をめがけてビシビシとシュルトのキックが放たれる..

続きを読む

アーネスト・ホーストvsジェロム・レ・バンナ(1999年12月5日)

2016/08/03 05:44
1999年12月5日 アーネスト・ホーストvsジェロム・レ・バンナ 1999年のグランプリ・トーナメント準決勝で対決。 昨年、圧倒的な強さで3試合全てを1ラウンドKOで優勝したピーター・アーツを、準々決勝で逆転KO勝ちしたバンナは意気揚々とこの試合を迎える。 開始早々から1ラウンドまるごとバンナがひたすらラッシュをかけ、ホーストは全てブロックするもバランスを崩されたり、ロープにすっ飛ばされたり、体の力が相当に違う印象を受けた。 決定打はな..

続きを読む

アンディ・フグvs天田ヒロミ(1999年10月3日)

2016/08/02 20:11
1999年10月3日 アンディ・フグvs天田ヒロミ 試合開始すぐに天田がラッシュをかける。 天田の見せ場はこの数秒のみで、そこからはフグのパンチが、ミドルキックが、ローキックが、どれが効いたというより全部効いたといった感じで、秒単位で天田の動きが悪くなっていく。 フグは余裕しゃくしゃくでプレッシャーをかけながら2度のダウンを奪うと、ロープ際に追い詰め、上段後ろ回し蹴りをヒットさせる。 天田の体がバィィィ~ンとロープから跳ね返る姿に圧倒的な..

続きを読む

ブランコ・シカティックvsアーネスト・ホースト(1994年12月10日)

2016/08/02 04:16
1994年12月10日 ブランコ・シカティックvsアーネスト・ホースト  初対戦は記念すべき第一回K-1グランプリ王者を決定するトーナメント決勝戦であったが、この試合はお互いフラットの状態でのワンマッチである。 前回の対戦のようにアッという間の決着でない分だけ、見えて来るものがある。 ホーストのジャブとローキックに、シカティックは再三やりにくそうなリアクションを見せる。初期のK-1においては特に、このホーストのジャブとローキックによって自分のペース..

続きを読む

久保 優太vsゲーオ・ウィラサクレック(2014年11月3日)

2016/07/19 20:51
2014年11月3日 久保 優太vsゲーオ・ウィラサクレック 現在、-65Kg不動のチャンピオンであり、新生K-1の外国人選手の象徴的存在でもあるゲーオ・ウィラサクレックと、K-1の運営が途中で崩れていなかったならばスター選手になっていた可能性のある久保 優太、この二人の激突は特に新生K-1を感じる試合でもあった。 序盤は体格で勝る久保が積極的にプレッシャーをかけ、タイミングの良い攻撃も繰り出し、ゲーオはスピードで勝りながらもリズムをつかめずにい..

続きを読む

もっと見る