アンディ・フグvs天田ヒロミ(1999年10月3日)

2016/08/02 20:11
1999年10月3日 アンディ・フグvs天田ヒロミ 試合開始すぐに天田がラッシュをかける。 天田の見せ場はこの数秒のみで、そこからはフグのパンチが、ミドルキックが、ローキックが、どれが効いたというより全部効いたといった感じで、秒単位で天田の動きが悪くなっていく。 フグは余裕しゃくしゃくでプレッシャーをかけながら2度のダウンを奪うと、ロープ際に追い詰め、上段後ろ回し蹴りをヒットさせる。 天田の体がバィィィ~ンとロープから跳ね返る姿に圧倒的な..

続きを読む

アンディ・フグvsピーター・アーツ(1998年12月13日)

2016/07/18 20:13
1998年12月13日 アンディ・フグvsピーター・アーツ グランプリ決勝戦となった対決。 試合自体は非常に短いものであるが、アーツが体格的なアドバンテージを活かしてフグとの距離を力任せにコントロールし、一度詰まった距離を半ば突き飛ばした状態で距離を空けると左ハイキックが炸裂する。 これは、後方に突き飛ばされると、視界が正面に集中するため、横から襲ってくるハイキックが見えにくいため、ハイキックを炸裂させる一つの方法である。 この試合のハイキックが..

続きを読む

アンディ・フグvs佐竹 雅昭(199711月9日)

2016/07/17 19:35
199711月9日 アンディ・フグvs佐竹 雅昭 試合自体はアッという間に終わってしまうが、一つ見所がある。 両者パンチの応酬からパワーと回転力に劣る佐竹が後方に下がった直後、フグの左ハイキックが放たれる。 これはハイキックを打つタイミングの王道パターンの一つである。 Andy Hug vs Masaaki Satake CatBoxerアーサー(劇団Camelot) ワイルド&キュートで、地味をポップに、派手をシックに ..

続きを読む

マイク・ベルナルドvsアンディ・フグ(1996年5月6日)

2016/07/12 16:21
1996年5月6日 マイク・ベルナルドvsアンディ・フグ 過去2度の直接対決はいずれもベルナルドが勝利しており、当時の感覚としてはベルナルドの方が強いという印象を持っていたものである。 さらに、この試合はグランプリ・トーナメントで、フグは準決勝のホースト戦で延長2ラウンドを戦っていた。 ところが、試合開始すぐにフグのローキックにベルナルドはあからさまなリアクションを見せると、フグは容赦ないローキックを放っていく。 劇的な優勝劇かつ絵になるフィ..

続きを読む

もっと見る