アンディ・フグvs天田ヒロミ(1999年10月3日)

1999年10月3日 アンディ・フグvs天田ヒロミ 試合開始すぐに天田がラッシュをかける。 天田の見せ場はこの数秒のみで、そこからはフグのパンチが、ミドルキックが、ローキックが、どれが効いたというより全部効いたといった感じで、秒単位で天田の動きが悪くなっていく。 フグは余裕しゃくしゃくでプレッシャーをかけながら2度のダウンを奪うと、ロープ際に追い詰め、上段後ろ回し…

続きを読む

ブランコ・シカティックvsアーネスト・ホースト(1994年12月10日)

1994年12月10日 ブランコ・シカティックvsアーネスト・ホースト  初対戦は記念すべき第一回K-1グランプリ王者を決定するトーナメント決勝戦であったが、この試合はお互いフラットの状態でのワンマッチである。 前回の対戦のようにアッという間の決着でない分だけ、見えて来るものがある。 ホーストのジャブとローキックに、シカティックは再三やりにくそうなリアクションを見せる…

続きを読む

ゲーオ・ウィラサクレックvs木村“フィリップ”ミノル(2015年1月18日)

2015年1月18日 ゲーオ・ウィラサクレックvs木村“フィリップ”ミノル 試合が進むにつれて激しい展開となっていく。 木村のパンチもよく回転するが、徐々にゲーオの攻撃が増していく。 そして、ゲーオのミドルキックをガードするために木村の手数が減っていく。 しかし3ラウンド序盤 木村の一発は、どんな試合展開、どんな強豪相手、それでも常に可能性があることを魅せてく…

続きを読む