アンディ・フグvsピーター・アーツ(1998年12月13日)

1998年12月13日 アンディ・フグvsピーター・アーツ グランプリ決勝戦となった対決。 試合自体は非常に短いものであるが、アーツが体格的なアドバンテージを活かしてフグとの距離を力任せにコントロールし、一度詰まった距離を半ば突き飛ばした状態で距離を空けると左ハイキックが炸裂する。 これは、後方に突き飛ばされると、視界が正面に集中するため、横から襲ってくるハイキックが見え…

続きを読む

ピーター・アーツvsジェロム・レ・バンナ(1997年7月20日)

1997年7月20日 ピーター・アーツvsジェロム・レ・バンナ 試合序盤からアーツがプレッシャーをかけながら、やや強引にも見えるパンチを繰り出していく。 パンチの交換に分の悪さを感じたバンナはときおり苦し紛れのローキックを放つが、アーツのかけるプレッシャーからは解放されない。 状況の苦しいバンナには、右ストレートを顔面とボディに打ち分けるアーツの単調な揺さぶりが効果を発揮…

続きを読む