アンディ・フグvs天田ヒロミ(1999年10月3日)

1999年10月3日

アンディ・フグvs天田ヒロミ


試合開始すぐに天田がラッシュをかける。

天田の見せ場はこの数秒のみで、そこからはフグのパンチが、ミドルキックが、ローキックが、どれが効いたというより全部効いたといった感じで、秒単位で天田の動きが悪くなっていく。


フグは余裕しゃくしゃくでプレッシャーをかけながら2度のダウンを奪うと、ロープ際に追い詰め、上段後ろ回し蹴りをヒットさせる。

天田の体がバィィィ~ンとロープから跳ね返る姿に圧倒的な力の差が凝縮されていた。





キックボクサー1Tシャツ.png 
Catboxerアーサー(劇団Camelot)
ワイルド&キュートで、地味をポップに、派手をシックに




かなり簡略化し、玄人向けではないけれど深い、歴史や伝説などを表現するブログ

歴代K-1グランプリ王者 【 完 全 版】

歴史や伝説の偉人を5行で表現するブログ

この記事へのコメント