ピーター・アーツvsジェロム・レ・バンナ(1997年7月20日)

1997年7月20日

ピーター・アーツvsジェロム・レ・バンナ

試合序盤からアーツがプレッシャーをかけながら、やや強引にも見えるパンチを繰り出していく。

パンチの交換に分の悪さを感じたバンナはときおり苦し紛れのローキックを放つが、アーツのかけるプレッシャーからは解放されない。

状況の苦しいバンナには、右ストレートを顔面とボディに打ち分けるアーツの単調な揺さぶりが効果を発揮していく。

アーツが完全に試合をコントロールし、決定力も見せつけた一戦。





キックボクサー1Tシャツ.png
Catboxerアーサー(劇団Camelot)
ワイルド&キュートで、地味をポップに、派手をシックに



かなり簡略化し、玄人向けではないけれど深い、歴史や伝説などを表現するブログ

歴代K-1グランプリ王者 【 完 全 版】

歴史や伝説の偉人を5行で表現するブログ

この記事へのコメント