HIROYA vs 木村“フィリップ”ミノル(2015年4月19日)

2015年4月19日 HIROYA vs 木村“フィリップ”ミノル 新生K-1は、数年前のK-1黄金時代と比べるとメディアでの露出の機会は減ったが、試合のレベルはかつてと同等以上である。そもそも選手の技術レベルが上がっている。 K-1黄金時代にスーパー高校生として次世代を担うと言われたHIROYAと、新生K-1の船出を大きく盛り上げてくれている木村の一戦である。 非常に新…

続きを読む

アンディ・フグvs佐竹 雅昭(199711月9日)

199711月9日 アンディ・フグvs佐竹 雅昭 試合自体はアッという間に終わってしまうが、一つ見所がある。 両者パンチの応酬からパワーと回転力に劣る佐竹が後方に下がった直後、フグの左ハイキックが放たれる。 これはハイキックを打つタイミングの王道パターンの一つである。 Andy Hug vs Masaaki Satake CatBoxerアーサー(…

続きを読む

セーム・シュルトvsアレクセイ・イグナショフ(2004年5月20日)

2004年5月20日 セーム・シュルトvsアレクセイ・イグナショフ 「IT'S SHOW TIME」での試合で、K-1の看板が掲げられたイベントではないが、ルールはK-1ルールが採用された試合である。 試合開始すぐのパンチの交換でイグナショフは、ややシュルトのパワーに押されながらも、イグナショフ自身も上背がありリーチもあるため、身長差を大きく苦にしていない様子を見せる。 …

続きを読む